本文へスキップ

楽しい七宝Web講座

七宝が出来るまでの一般的な手順

七宝焼には、色々な技法があります。また、作り手の好みによって、その作り方もさまざまです。ここでは、一般的なその手順をご紹介します。

七宝焼手順例

七宝焼きの手順「材料を準備する」

@材料を準備する。

七宝焼の胎になる銅・銀の材料を選びます。


七宝焼きの手順「釉薬(絵具)を準備する」

A釉薬(絵の具)を準備する。

釉薬はガラス質の粉状です、透明・半透明は4〜5回、不透明は2〜3回水洗して不純物を取り除きます。ちなみに、裏引き釉薬は水洗いしなくても大丈夫です。 
釉薬の水洗いについて→こちらから
釉薬のお求めは→こちらから


七宝焼きの手順「CMCを準備する」

BCMCを準備する。

CMCはカルボキシメチルセルロースという化学のりで白い粉末状の物質です。これを水に溶かして使用します。表釉には、0.1%(1g/1000cc)溶液を30gの釉薬に対して2〜3滴を、裏引き釉には0.5%溶液を水代わりに使用します。
溶液の作り方→こちらから


七宝焼きの手順「裏引きをする」

C裏引きをします。

裏引きをして焼成せずに充分乾燥させてから表釉を盛り付ける方法と、いったん焼成してから、焦げた表面を希硫酸等でミガキだししてから表釉を盛り付けする方法があります。
もっと詳しく→こちらから


七宝焼きの手順「表面の盛付」

D表釉の盛り付

出来るだけ薄く、かつ盛残しが無いように水を利用して均等に盛り付けます。盛り付け後は、釉薬を充分乾燥させてから、電気炉(一般的には800〜850℃)で焼成します。


七宝焼きの手順「焼成する」

E焼成・電気炉内の釉薬を確認します。

電気炉ののぞき窓から中を確認します。釉薬が次第に溶けて粒粒の表面がツルツルのアメ状になったら、電気炉から取り出します。取り出した作品はかなりの高温なので、火傷しないように気を付けて必ず耐火作業台の上に置いて徐冷します。


七宝焼きの手順「焦げた側面をミガく」

F仕上げをします。

焦げた縁をヤスリで研ぎあげて、枠やピン等を接着いて完成です。   


     
七宝工房くじゃくホームへ

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

おすすめ

人気商品や、お得な情報をご案内

ショップ情報

七宝工房くじゃく

〒990-0047
山形県山形市旅篭町1−9−46
TEL.023-622-2862
FAX.023-625-5504
info@shonai-ya.co.jp
→会社概要