本文へスキップ

楽しい七宝Web講座

裏引きについて

素地の厚み大きさにより異なりますが、一般に1mm以下の素地を使用する場合、素地の表面だけに釉薬を盛りつけて焼成すると、作品が冷えるときに釉薬が割れてしまいます。
これを防ぐために、素地の裏側にも釉薬を盛りつけます。
裏引きの手順には、
1.表と同時に焼成する、
2.表を焼成した後、裏引きをする、
3.裏引きをまず焼成し、表を焼成する 
の3通りが有りますが、ここでは3の手順でご説明します。

 

七宝焼き裏引きの手順例

楽しい七宝Web講座「裏引き1」

「※」は、注意点です。

※素材の銅板には指紋などの油分が付いているため、そのまま釉薬をのせると「ダマ」になって伸びにくい。


楽しい七宝Web講座「裏引き2」

@脂分を取る

筆を使って、「脱脂液(中性洗剤を薄めた物)」で表面の油分を取り除きます。


楽しい七宝Web講座「裏引き3」

A盛り付け

竹ホセで、縁の方まで盛り忘れの無いように盛りつけをする。
出来るだけ均等に盛りつけをして


楽しい七宝Web講座「裏引き5」

B乾燥

網に移して完全に乾燥させます


楽しい七宝Web講座「裏引き6」

C焼成

電気炉の温度は、約800℃〜840℃。
焼成時間、約1分。 釉薬が充分溶けたのを確認して、電気炉から取り出します。
※炉内温度が高温になっています。
火傷をしないように、充分に気を付けましょう。


楽しい七宝Web講座「裏引き8」

D取り出した直後の様子。

真っ赤に焼けていますので、ここでも火傷をしないように充分気を付けましょう。


楽しい七宝Web講座「裏引き10」

E表側の様子。

銅板の表面が黒く焦げた状態になっています。


楽しい七宝Web講座「裏引き11」

F希硫酸などで

素材が手で触れる位になったら、
10〜20%希硫酸液につけておきます。
数分間たったらピンセットで取り出します。


楽しい七宝Web講座「裏引き12」

G希硫酸液から取り出した様子。

まだ、表面はあれているので磨き出しをします。水を入れたボールを用意して金ブラシを使って磨き出しをします。
(この写真は、参考のために木台に置いていますが、実際には希硫酸液から直接ボールに入れます。)


楽しい七宝Web講座「裏引き14」

H磨き

金ブラシで磨いていくと、銅板本来の色になっていきます。磨き残しが無いように磨きだします。


楽しい七宝Web講座「裏引き15」

I出来上がり


     
七宝工房くじゃくホームへ

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

おすすめ

人気商品や、お得な情報をご案内

ショップ情報

七宝工房くじゃく

〒990-0047
山形県山形市旅篭町1−9−46
TEL.023-622-2862
FAX.023-625-5504
info@shonai-ya.co.jp
→会社概要