本文へスキップ

楽しい七宝Web講座

彫金銅板に挑戦しよう!!

彫金道版に挑戦しよう

彫金銅板は銅板に彫刻やプレスで予め模様を施した材料です。表面が凸凹しているので、薄盛りだと焼き切れますし、反対に厚く盛ると折角の模様が見えにくくなったりで、ちょっと難しいアイテムですが、焼成時に浮き上がってくる模様を見た時の感激はひとしおです。この機会に挑戦してみませんか!

参考商品のご紹介

裏引き付き彫金銅板(D4Z)3枚と
釉薬3色、フリットのセットです。
詳しくは→彫金銅板に挑戦しよう!!

在庫
数量:

3枚目で完成を目指そう!!

七宝焼き材料「うずまき」

作り方例

素材の銅板には指紋などの油分が付いているため、そのまま釉薬をのせると「ダマ」になって伸びにくいので「脱脂液」で表面の脂分を取り除きます。


七宝焼き材料「うずまき」

銅板に三色の釉薬をイメージしながら盛り付けていきます。今回は写真のように斜めに配置します。


七宝焼き彫金銅板に挑戦しよう「盛り付け」

盛り付け

今回は、左から緑、青、黄、青、緑の順で盛り付けていきます。凸は少し厚めに、凹は少し薄めにを意識しながら、盛り付けます。
1枚目は、フリットを使わずに多色盛りで試してみます。気持ち薄めに盛って、どの当たりが焼き切れやすいか、反対に厚めに盛って、透け具合を確かめるの良いですね。


七宝焼き彫金銅板に挑戦しよう「盛り付け」

盛り付け終了。


七宝焼き多色盛完成

多色盛作品完成!

今回は、少し薄めに盛ったので、凸の部分が少し焼き切れています。


七宝焼き多色盛完成

焼き切れた部分のアップ画像です。
焼き切れやすい部分をチェックして、次回はその部分を意識して厚めに盛るようにします。


七宝焼き彫金銅板とフリット

彫金道版への釉薬の盛り付けに慣れたところで、凸凹を意識しながら釉薬を盛り付けフリットでアクセントを付けます。


七宝焼き彫金銅板とフリット

完成作品をイメージしながら、フリットを乗せていきます。

フリット法については、フリット法を参照下さい。


七宝焼き彫金銅板とフリット

完成です!


     
七宝工房くじゃくホームへ

会員様ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワード紛失
[新規会員登録]

おすすめ

人気商品や、お得な情報をご案内

ショップ情報

七宝工房くじゃく

〒990-0047
山形県山形市旅篭町1−9−46
TEL.023-622-2862
FAX.023-625-5504
info@shonai-ya.co.jp
→会社概要